生活

軽減税率とキャッシュレスを活用して消費増税を乗り切ろう!

alt="キャッシュレス還元"
alt="消費税10%"

ついに2019年10月1日から、消費税が10%に増税されました。

給料が上がらない中、増税によりますます家計や生活に負担がかかるようになりますね。

その負担増に対応して導入されたのが、軽減税率キャッシュレスによる還元制度です。

では、軽減税率とはどのような制度で、キャッシュレスによる還元はどうやったら適用されるのでしょうか?

この記事では、軽減税率やキャッシュレス還元を正しく理解し、消費増税による負担増を乗り切るための工夫について紹介していきます。

どれも今から使えるので、ぜひ制度をうまく活用して令和の時代をたくましく生きていきましょう!

軽減税率とは?

さて、まず軽減税率とはいったいどういう制度なのでしょうか?

今回の消費増税により、消費税は8%から10%に引き上げられましたね。

軽減税率とは、一部の品目に対する税率を10%ではなく8%に据え置くようにする制度です。

軽減税率の対象品目は、食料品が8%と10%、定期購読の新聞は8%となっています。

※食料は、酒類、外食、医薬品、ケータリング、出張料理等」を除く

これって一見すると

必需品は税率が低いままでいいじゃないか

と思えるかもしれません。

しかし、軽減税率の適否はかなりややこしいので注意が必要です。

それでは、軽減税率のいったい何がややこしいのでしょうか?

軽減税率のややこしい点

まず、食料品は8%と紹介しましたが、全ての食料品において軽減税率8%が適用されるわけではありません

イートイン・テイクアウト

たとえば外食する場合、店内で飲食するイートインは10%、持ち帰りするテイクアウトは軽減税率の対象となり8%になります。

こうなるとテイクアウトで注文しておいて、店内で食べる人も増えそうですよね。

マクドナルドでは、こうした現象を防ぐために、イートイン・テイクアウトともに同じ税込価格での商品提供を行うようです。

つまり、

イートイン:  540円(うち消費税49円)

テイクアウト: 540円(うち消費税40円)

とする、ということですね。

食料品以外の商品がメインの場合は軽減税率対象外となる

食料品だけの場合は税率8%ですが、おもちゃがメインのお菓子は10%が適用されます。

そのため、食料品といえど、食料品だけでない場合は税率が違ってくる可能性があります。

価値の3分の2以上がおもちゃの場合は、10%となります。

大きなおもちゃが付属するお菓子は10%になると思っておいた方がよいでしょう。

ちなみにビックリマンチョコは軽減税率の対象で8%です。

ビックリマンチョコはどう考えても付属のシールがメインの商品なので、判断基準が謎です。

栄養ドリンクはもっとややこしい

栄養ドリンクに対する軽減税率の見分け方も難しいです。

たとえば、オロナミンCは栄養ドリンクですが、医薬品類でないので軽減税率8%の対象となります。

一方で、アリナミンVなどの医薬品類、医薬部外品などは軽減税率の対象外となり、10%の税率がかかります。

ここらへんは、もはや調べる気がわかなくなりますね。

ノンアルコールビールやみりん風調味料は軽減税率対象

酒類は軽減税率対象外ですが、ノンアルコールビールやみりん「風」調味料は8%が適用されます。

みりんは酒類に相当するので、軽減税率対象外となります。

もうわけがわかりません。

税率を頭で考えながら買い物をするのは、限界がありそうですね。

キャッシュレスとは?

さて、ここまで軽減税率の説明をしてきましたが、消費者の負担を軽減させるもう一つの施策であるキャッシュレス利用による支払いを対象とした還元制度について説明します。

キャッシュレスとは?

キャッシュレス還元の前に、キャッシュレスについて説明をします。

まず、キャッシュレスは以下の2つに種類が分かれます。

①電子マネー

②コード決済

それぞれの特徴について見ていきましょう。

電子マネー

電子マネーはSuica、PASMO、楽天Edyあたりが有名ですね。

カード型のものが多く、カードをセンサーにかざすだけで決済が完了するので、とても使いやすいのが特徴です。

ただし、利用によって付与されるポイントが少ない(=還元率が低い)ので、お得感はあまりありません。

コード決済

コード決済はPayPay、楽天Pay、LINE Pay、メルペイなどが有名ですね。

これらは、カードではなく、スマホ上にコードを表示してそれを用いて決済を行います。

使うときにスマホとアプリを起動しなければならないので、電子マネーに比べて少々面倒です。

ただし、アプリごとに独自のキャンペーンをよくやっているため、使いこなせば高い還元率でお得に買い物ができるのが特徴です。

キャッシュレス還元とは?

キャッシュレスの概要を理解いただいたところで、いよいよキャッシュレス還元制度について説明していきます。

この制度は、消費者がキャッシュレスで買い物をすると、その一部の金額をポイント還元するというものです。

キャッシュレスの決済事業者に、金額に応じて国から補助金がおり、その補助金が消費者がに回る、というのがこの仕組みのカラクリです。

還元率は最大で5%となっています。

これだけ還元されるのであれば、還元制度を利用しないと明らかに損ですね。

しかし、これまたキャッシュレスで決済をすれば、全ての買い物に対して5%還元されるわけではないのがややこしいところです。

それでは、キャッシュレス還元制度をフル活用するための基礎知識をみていきましょう。

還元率は店舗によって異なる

まず、還元率は店舗により異なります。

キャッシュレスに対応している店舗はこちらのステッカーが貼られています。

alt="キャッシュレス還元"

還元率は、0%、2%、5%の3パターンがあります。

これらの前提があり、かつ店舗によって使えるキャッシュレスサービスが違います。

基本的には、一つのキャッシュレスだけでは、還元制度をフル活用するのは難しいと思います※

※圧倒的に加盟店の多いSuicaだけで乗り切れるかもしれませんが、独自のポイント加算がほとんどないので旨味がほとんどありません。

キャッシュレスのメリット・デメリット

キャッシュレスにも当然メリットとデメリットがあります。

それぞれをしっかりと理解したうえで、キャッシュレスを利用しましょう。

キャッシュレスのメリット

現金を持ち歩く必要がない

キャッシュレス最大のメリットは、やはり現金を持ち歩く必要がないところです。

現金だと買い物のたびに小銭がじゃらじゃらと貯まって、財布も重くなって鬱陶しいですよね。

その点キャッシュレスを使えば、スマホさえあれば財布なしで出歩けます。

ポイントや還元がある

キャッシュレスは、サービスごとに独自のキャンペーンをやっており、キャンペーンを利用するとポイント還元率がアップします。

これを狙ってサービスを使い分けるのが、ポイントを多く獲得していくためのコツです。

また、キャッシュレスサービスと特定のクレジットカードの組み合わせを行うことで、クレジットカードのポイントも二重取りできるというメリットがあります。

・PayPay+Yahooカード

・楽天Edy or 楽天Pay+楽天カード

うまく組み合わせを活用して、効率よくポイントを獲得していきたいですよね。

キャッシュレスのデメリット

キャッシュレスは便利ですが、一方で個人情報の漏えいや非常時の対応などに課題もあります。

セブンペイがサービス開始早々に流出したことにより、サービス廃止となってしまったのは記憶に新しいのではないでしょうか。

また、2018年9月の北海道地震に伴う停電や、同年12月のソフトバンクの大規模通信障害で決済不能になったケースがありました。

僕が使っているキャッシュレスサービス

数あるキャッシュレスの中で、僕が使っているサービスは以下の通りです。

電子マネー:Suica、楽天Edy

コード決済:PayPay、楽天Pay

電子マネー

Suica

alt="Suica"

元祖電子マネーのSuicaは、主に電車移動の時に使っています。

Viewカードからの引き落としにするとポイントが多くつくので、組み合わせて使うのがおすすめです。

個人商店みたいなお店以外、使えない店舗はほとんどないのではないでしょうか。

電車はプライベートだけでなく仕事でも使うので、お得感がありますね。(クレジットカードの引き落とし分が増えるため、カードにつくポイントが増える)

楽天Edy

alt="楽天Edy"

僕は楽天のサービスをよく利用しているので、楽天Edyをフル活用しています。

こちらもSuicaと同じカード型のキャッシュレスです。

楽天Edyは、決済の時にかざすとシャリーンって音がするやつですね。

かざせばいいだけなので、非常に使いやすいのと、楽天カードと併用すれば1.5%という高い還元率となるので、お得です。

コンビニを含め、使える店舗も非常に多いので、楽天カードを使う方は是非活用しましょう。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのいずれでも利用できます。

楽天Edyを利用する方は、楽天カードがマストアイテムです。楽天Edy利用したい方は、楽天カードを発行しましょう。

また、クレジットカードもキャッシュレス扱いとなりますので還元の対象です。(還元対象のクレジットカードは店舗によって異なりますので、要確認)

楽天カード

コード決済

PayPay

alt="PayPay"

PayPayは100億円キャンペーンなどで、急成長しているコード決済サービスです。

こちらも使える店舗が非常に多いのと、何よりも還元率が非常に高いので使いこなせばかなりお得なサービスです。

最近、僕がもっとも利用しているキャッシュレスです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのいずれでも利用できます。

最大20%還元やユニクロのヒートテックが1枚追加でタダという異常におトクなキャンペーンをやっています。

Yahooカードとセットで利用すると、オートチャージ機能の利用やTポイントの二重取りができるので、ポイントが更にザクザクと貯まります。

アプリは、IOSとアンドロイドで以下からダウンロードができます。

めちゃくちゃおトクなので、これを機に利用してみてはいかがでしょうか。

paypay_IOS

paypay_android

楽天Pay

alt="楽天Pay"

楽天Payは楽天Edyと同じく、楽天が提供しているコード決済サービスです。

こちらも使える店舗が最近急拡大しており、多くの店舗で利用できます。

こちらも、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで利用できます。

また、楽天カードと併用して使うと、こちらも1.5%の高還元率となります。

一番のメリットは、楽天ポイントを支払いにそのまま使えるところです。

楽天ポイントがあるけど、楽天市場で買うものもないな…といった感じでポイントが貯まりっぱなしになっている方には、非常にありがたいサービスですね。

楽天Edyと同じく、楽天Payを利用する方は、楽天カードがマストアイテムです。

楽天Payを利用したい方は、楽天カードを発行しましょう。

楽天カード

現金とキャッシュレスを併用しよう

ここまで、キャッシュレスについての基礎知識やその便利さを確認してきたわけですが、キャッシュレスが広まった今でも備えとしての現金は必要です。

たとえば、現金しか使えないお店もありますし、飲み会やお祝儀など、現金が必要な場面はあります。

現金とキャッシュレスを上手に併用するのがよいですね。

まとめ

軽減税率の対象は、サービスや品目で細かく適否が分かれている。

よく理解して、こんなはずじゃなかった…とならないようにしよう。

キャッシュレス還元制度は、利用しないと損。特にPayPayの還元率は異常に高い。

各サービスをうまく活用して、ポイント還元でお得に買い物しよう。

paypay_IOS

paypay_android

楽天カード