年収1000万

年収1000万、手取り1000万、貯金1000万の違いを知ろう!

このブログのタイトルは「年収1000万円とは」ですが、年収1000万円と聞くと、

年収1000万=手取り1000万、貯金も1000万以上ある

とイメージされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこの3つ、全く違うのでご注意ください。

この記事では、誤解しやすい年収1000万、手取り1000万、貯金1000万の違いについて紹介していきます。

老後資産2000万円も話題になりましたが、お金に対して正しい理解を持つことは大事です。

この記事を読んで、年収、手取り、貯金の違いをしっかりと理解しましょう。

それではいってみましょう。

年収1000万

alt="年収1000万"

年収1000万とは、会社からもらう給与・賞与や投資で稼いだ利益など自分が稼いだお金の総額を表します。

年収には残業代も含まれます。

また、会社からもらう給与・賞与の総額は額面給与とも呼ばれます。

ブログタイトルや、僕が他の記事でも書いている年収1000万がこちらにあてはまります。

年収1000万は、日系大企業の管理職になればもらえるくらいの水準です。

給料の高い企業や、営業などの成果に見合ったインセンティブ給が多い職種だと、20代で達成することもできるでしょう。

多くの就活生がこの年収1000万を企業を選ぶ際の一つの基準として、いつまでに達成できるかを気にします。

年収1000万にまつわる記事は、こちらをご覧ください。

【まとめ記事】年収1000万当ブログの目玉である年収1000万に関わる記事や、1000万ぽい記事をまとめました。 すなわち、当ブログのメイントピックが詰め込ま...

手取り1000万

alt="お金"

手取り1000万とは、各種税金を控除された後の実際に手元に入ってくる額のことです。

ここで言う各種税金とは、所得税・住民税・社会保険料を指します。

言い換えると、手取り1000万とは口座に振り込まれる給料や賞与の額の年間合計が1000万ということです。

働き始めの時に収入の水準としてよく使われるのが、この手取り額です。

年次の低い時は、控除される税金にさほど差がないからでしょうか。

年次が経ってくると、収入も上がってきて、税金負担も増えるので年収ベースで話をするようになります。

基本的に投資で得た利益などは手取りに含めません

手取り1000万を年収に置き換えると、なんと年収1500万相当になります。

年収1500万を稼ごうとすると、相当ハードルが高くなります。

一生この年収に到達しない人も多いでしょう。

年収1500万稼ぐには給与水準の高い業界で働くか、日系大企業だと部長以上にならないと厳しい水準です。

年収1500万~2000万の給与を得ている人は、日本の労働者全体のうち、なんとたったの0.7%しかいません。

会社勤めをしていて、ここまで稼げる人はほんの一握りということですね。

日本において、本業だけで年収1500万稼げる層は、年収1000万稼げる層よりも遥かに少ないでしょう。

また、海外駐在などで現地手当が厚い場合は、課長でも年収1500万を突破することもあります。

ちなみに、年収1000万の手取りは約750万です。

年収差は年収ベースで500万違いますが、手取り額の差は実は250万しかありません。

このレベルの年収になると、ごっそりと税金を取られるということです。

恐るべし累進課税制度※。

※給与などの所得が増えるほど、税金の額が増える仕組みのこと

貯金1000万

alt="貯金"

貯金1000万は、文字通り貯金が1000万円ある状態です。

貯金1000万には、年収も手取りも関係ありません

年収400万で貯金1000万ある人もいれば、年収2000万でも貯金1000万ない人もいます。

実際に、年収1000万以上でも、貯金が1000万ない友達もいます。


年収が特別多い人でなければ、1000万の貯金をつくるのは決してラクではありません。

食事については、ふるさと納税を活用して食材を手に入れたり、自炊をするなどして節約。

スマホは格安SIMを使ってスマホ代を節約するなど、工夫が必要です。

男性の料理はモテる?5つのメリットと4つのデメリットとは?男子諸君、自炊はしてますか? 料理ってめんどくさそうですよね。 調理器具を揃えて、材料も買って、調理して食べ終わった...
alt="ふるさと納税"
楽天市場でふるさと納税して大量にポイントゲットするやり方を伝授! みなさん、ふるさと納税はやってますか? 興味があるけどやっていない…、というそこのあなた… ふるさと納税、やらないと...

また、収支を把握するために家計簿をつけるなど、意識的なお金の管理も必要です。

収入にもよりますが、貯金が1000万円ある人は、ある程度お金の管理ができる人だと思います。

まとめ

同じ1000万でも、年収、手取り、貯金では大きくその内容が違う。

給料が一番多いのは手取り1000万だが、一番の「お金持ち」は貯金1000万の場合もある。

年収1000万についてより詳しく知りたい方はこちら↓

【まとめ記事】年収1000万当ブログの目玉である年収1000万に関わる記事や、1000万ぽい記事をまとめました。 すなわち、当ブログのメイントピックが詰め込ま...