生活・仕事

5分で簡単にできる靴磨きのやり方と靴磨きに必要な道具を紹介

職場で人の靴って目につきませんか?

エレベーターに乗った時などにうつむきがちになるので、靴が視界に入るんですね。

僕は靴を定期的に磨いているので、エレベーターで同僚に「靴ピカピカだね」と何回も言われたことがあります。

それだけ目につきやすいということですね。

ですが、立派なスーツを着ていたり、高級腕時計をしていても靴が汚い人を見かけます。

靴が汚いと、せっかく他で整えた清潔感が台無しになります。

また、靴磨きをすると靴がキレイになるだけでなく、靴も長持ちします。

そこで今回は、自宅で靴磨きを5分で簡単にできる方法を紹介したいと思います。

靴ひもを解いたりして、完璧にやる方法もありますが、こちらで紹介する靴磨きは手間のかかる工程は全部省いています

是非週末のルーティーンに、靴磨きを取り入れてみてください。

心を静めて自分と向き合ういい時間にもなりますよ。

■靴磨きに使う道具■

靴磨きに必要なもの

じゃあ靴磨きするか!と思い立ったあなた。

焦ってはいけません。

靴を磨くには、道具が必要です。

では、どんな道具が必要なのでしょうか。

絶対に必要な道具はこちらの5つです。

靴用のブラシ

靴を磨くクロス(ハンカチなどの綿布でも代用可)

クリーナー

靴クリーム

また、なくても大丈夫だけど、あった方がいい道具は以下の2つです。

床や手が汚れるのを防ぐのに有効です。

新聞などのいらない紙

軍手

それでは、靴磨きのやり方について見ていきましょう。

5分でできる靴磨きのやり方

さて、道具をそろえたら、早速靴を磨いていきましょう。

タイトルの通り、5分でできるをコンセプトにしているので、作業は必要最低限に絞ってあります。

STEP1.ブラシをかける

まず、靴にはホコリがついていますので、ホコリを落としましょう。

ブラシは、馬毛ブラシ豚毛ブラシがあります。

馬毛ブラシは、靴全体についたホコリを落とすために使う柔らかい毛のブラシです。

豚毛ブラシは、シューレースホールやソールと靴のつなぎ目部分などの細かい箇所を掃除するのに向いた硬めの毛のブラシです。

個人的には、馬毛ブラシがあれば十分かなと思います。

STEP2.汚れと古いクリームを落とす

靴の表面には汚れと古いクリームが残っているので、まずはこれを落としましょう。

汚れと古いクリームを落とすときは、クリーナーを使います。

クリーナーには、ローションタイプとムースタイプがあります。

僕はブートブラックレザーローションを使っています。

ブートブラックは靴磨き用品の超メジャーメーカーです。どれにしようか迷ったら、ブートブラックでまず間違いないです。

これを靴磨き用のクロスに、クリーナーを適量塗布して塗っていきます。

靴に直接クリーナーを塗布しないで、クリーナーはクロスに塗布するようにしましょう。

クロスについては、靴磨き用のクロスでなくても、もう使わないハンカチや紳士下着などの綿布でも大丈夫です。

靴にキズをつけないために、できればキメの細かい布を使うのがおすすめです。

クリーナーをつけて布につけて塗っていくと、靴のツヤがなくなります。

ツヤが無くなったら、汚れやクリームが落ちたということです。

STEP3.クリームを塗る

さて、汚れと古いクリームを落としたら、次はクリームを塗ります。

クリームの選び方

クリームはクリーナーと同じく、ブートブラックのクリームを僕は使っています。

クリームは無色のものと色付きのものがありますが、靴を履いているとこすれたりして色が剥げてくるので、補色効果のある色付きのクリームがおすすめです。

黒の靴の場合は、黒のクリームを。茶色の靴の場合は、同じ色の茶色を使うなど、靴の色に合ったクリームを使いましょう。

クリームの塗り方

クリーム塗るときは、少量のクリームをクロスにつけてやさしくすり込んでいきます。

ゴリゴリとすり込むと靴にキズがつくので、やさしくすり込むようにしてください。

また、クロスは水でちょっと湿らせておいた方が、クリームのなじみがよくなります。

クリームを全体的に塗り終わったら、馬毛ブラシで軽めにゴシゴシして、クリームをならしましょう。

STEP4.ポリッシュをすると靴がピカピカになるが時間がかかる

また、クリームを塗り終えたら、ポリッシュを塗るとピカピカに仕上がります。

ただし、これはガチでやると時間のかかる作業なので、僕はポリッシュはやってません。

靴磨きの後にすること

ここからは、靴磨きが終わったあとの話なので、個人の好みでやって頂ければというところになります。

防水スプレーをかけよう

靴磨きが終わったら、靴が雨などで濡れて傷むのがイヤな方は、防水スプレーをかけておきましょう。

防水スプレーは、スコッチガードがメジャーで値段もお手頃です。

僕も雨がひどい時は、靴に防水スプレーをかけて外出しています。

シューキーパーで靴の型崩れを防ごう

また、靴をしまうときは、できればシューキーパーを使って、靴の型崩れを防ぎましょう。

おすすめは木製のシューキーパーです。

木が靴の湿気を吸収してくれるので、一石二鳥です。

まとめ

 

スーツや時計でおしゃれをしても、靴が汚いと台無し。

靴磨きは自分でやったほうが圧倒的にコスパが良いので、週末のルーティーンに是非取り入れてみては。

靴磨きを定期的にやることで、オシャレをスキのないものにしよう。