管理人について

管理人 年収1000マンについて

はじめまして。

管理人の年収1000マンと申します。

アイコンも名前も怪しいですね。

このページでは僕の冴えない半生を交えつつ、自己紹介をさせて頂きたいと思います。

「こんなやつでも年収1000万稼げるのか」と勇気をもって頂ければ、望外の幸せでございます。

なお、最後に大事なことを書きましたので、必ず最後まで読んでくださいね。

管理人は何してる人?

年齢は30半ばで独身です。独身はあえてしているものではありまえせんが。

大卒から大手企業のメーカーで仕事をしています。

最近は独身貴族と周りから揶揄されます。

独身貴族と言われる人で、本当に貴族めいた生活ができている人の割合を知りたいものです。

そんなわけで、ブログの内容や金銭感覚は独身者目線のものが多いです。

お子様のいらっしゃる家庭の感覚とはちょっと違うところがあると思いますが、悪しからず。

また、理想の女性像を語ったことがないのに、理想が高すぎると言われるという謎の風評被害に遭っています。

本当に謎です。

なお、年収1000万といいつつ収入の内訳は、

本業900万円+副収入100万円=年収1000万円です。

なんだこのウソつき!」と思うかもしれませんが、給与所得以外も年収に入りますゆえ、ウソではありません。

ちなみに、30半ば過ぎて独身でいると色々としょっぱいことがあるので、その愚痴感想はこちらにまとめております。

30半ば過ぎ独身の男が感じる独身のメリットとデメリットについて30半ば過ぎて独身ってどうなのよ? と思う方はそれなりにいらっしゃるのではないでしょうか? 30半ばといえば、すでに...

管理人の半生

【誕生~幼稚園】

30余年前に、大阪で生まれる。一人っ子のため、両親から非常に大事に育てられる。

人の言うことをすぐ信じたため、幼少時は周りの悪ガキ共に騙されまくる。

この時の経験を引きずって、未だに人を信じきれないところがある。

また、ビックリマンシールの本物とパチ物を、悪ガキに騙されて交換してしまったが、今となってはパチ物の方がヤフオクで高く売れるため、人生万事塞翁が馬である。

【小学生】

ちびっこだったので、整列時は前から2番目を最後まで維持する。

授業中に騒いで、クラス内で注目を集めるという野蛮なスタイルで、校内で知名度を上げる。振り返ると炎上商法と大して変わらない気がする。

ここで早くも人生のピークを迎えてしまう。

なお、毎日鬼ごっこに勤しんだが、最後までリレー選手にはなれなかった。

騒いだ代償として、先生に殴られまくって、無数のたんこぶが頭にできる。

当時は体罰なんて言葉はなかったんだ。

また、中学受験のため学習塾に通っていたが、この体たらくだったため、成績はさんざんで当然失敗。

ちなみに一番仲のよかった友達は、同じように騒いでいたくせに第一志望に受かっていた。

ちゃっかり者は、子供の時からちゃっかり者である。

【中学生】

親の仕事の都合で東京へ引っ越し。地元の公立中学に転校生として入学するが、関西弁をさんざんからかわれて1年でほぼ標準語になる。

身長が一年間で13センチ伸びて、脱ちびっこを果たす。

ソフトテニス部→将棋部→バドミントン部、という謎のキャリアチェンジを行う。

高校受験は、中学受験の反省を受け、3年生の時はわりと真面目に取り組み、なんとか第一志望の高校に合格。

【高校生】

人生で一番平和なひと時を過ごす。というか刺激がなかっただけだった気がする。同学年の女子の悲惨なラインナップを見て、恋愛は諦める。

単に自分がモテなかっただけとも言える。

テニス部に入るが、夜間の部がある高校だったので、17時までしか練習できず、ちっとも上達せず。

垢ぬけない高校生そのもので、部活のない日は家に直帰するか、たまにカラオケに行く程度。

渋谷などの繁華街に繰り出すという、発想自体がなかった。

そんなわけで、童○のまま卒業。

【大学生】

大学受験は、親から浪人は許さんと言われていたので、何とか現役で合格(が滑り止め校)。

挫折の多い人生である。

テニスサークルになし崩し的に入ったものの、なじめずにポジション取りに完全に失敗する。

陰キャとして3年間を無駄に費やすこととなる。

今思えば、留学とサーフィンをやっておけばよかったと真剣に思う。

が、当時は今ほど英語学習の環境が身近でなかったので、勉強したところでまともな留学ができたのかは、甚だ疑問ではある。

【会社員】

就職氷河期世代だったのと、大学時代でろくに勉強していなかったため、就活で大苦戦。

というかやりたいことがそもそもなかったので、「何でこんなことやってるんだっけ?」と思いながらやっていた。

サラリーマンになりたくてなる学生って、就活生の何割くらいなのだろう?

メーカー志望で就活を続けて、大手メーカーになんとか滑り込む。

入社してからは経理・財務周りの仕事をすることに。

サラリーマンは性格的に向いていないと思っていたので、3年くらいで辞めようと思っていた。

しかしぬるい会社だったので、退社することなく現在に至る。

平々凡々な人生ですね。

他に言いたいことは?

趣味はとても言えないことスポーツ、ゲーム、料理、株式投資、ライフハック研究、美術鑑賞」など。

どれも中途半端なのが特徴です。

最後にひとこと

管理人は2019年7月現在、無借金・お酒・タバコ・ギャンブルを一切やらない良物件です。

ステキな女性を紹介してくれる方は、お問い合わせフォームよりお願いします。