生活

乗ってわかった!飛行機のビジネスクラスとエコノミークラスの7つの違い

alt="ビジネスクラス"

どうも、年収1000マン(@X4Xsznx6D6bZq4s)です。

みなさんは飛行機でビジネスクラスを使ったことがありますか?

僕は会社に入ってから

会社の金でビジネスクラスに乗る

ことを野望のひとつとしてこれまで生きてきました。なぜかって?

もちろん高いからです。

普通の会社員がなかなか自腹で乗れるものではありません。

ビジネスクラスはエコノミークラスの大体2.5倍

の運賃がかかります。

ってなりますよね。

しかし、野望を抱きながらも、これまでに出張も予算も圧倒的に少ない部署にいたため、野望が叶えられることはありませんでした。

そんな僕ですが、今回海外旅行をするにあたり、ついに自腹でビジネスクラスで乗りました

はっきり言って、年収1000万程度ではビジネスクラスなんてそうそう乗れるものではありません。

こちらの記事でも、そうそう乗れないということを訴えています。

年収1000万の満足度は高い?できること・できないことも紹介しよう今回は「年収1000万で満足度は高いのか?」という点について書いていきたいと思います。 先日、知り合いの若者に「年収はいくら欲しい...

ということで、せっかくビジネスクラスで乗ったので、この記事では

ビジネスクラスを利用してわかった、エコノミークラスとの違いや感想

について、書いていきたいと思います。

先にひとつ言っておくと、写真があまりありません

なぜなら、帰りの飛行機の機内で、この記事を書くことを思いついたからです。

それではいってみましょう。

ビジネスクラスで乗った感想

今回はせっかくビジネスクラスに乗ったものの、搭乗時間が5時間程度だったので、やや割高に感じました。それでも、

長距離の搭乗の場合だと、旅が非常に楽になるだろうな

という感じました。

座席をフラットにして眠れるので、長距離移動でぐっすり眠りたい場合は、かなり有効だと思います。

まさにビジネスマン用って感じですね。

また、シートをフラットにして寝かせつけることもできるので、

お子様連れの方は大変助かる

だろうなと思いました。

逆にビジネスクラスに慣れてしまうと、エコノミークラスに乗れなくなる気がするので、注意した方がよさそうです。

エコノミークラスとの違い

先に書いた通り、ビジネスクラスはエコノミークラスの約2.5倍の運賃がかかります。

当然、受けられるサービスにも違いがあります。

今回僕は、JALのビジネスクラスを利用しました。

エコノミークラスとの大まかな違いは、

・全体的に待ち時間が少ない

・専用ラウンジが使える

・機内の座席が広い

・機内食がおいしい

・機内でのサービスが細やか

といったところです。

なお、

マイルをうまく活用すれば、割安でビジネスクラスを利用可能

です。

普段からマイルを貯めている方は、ここぞという時にビジネスクラスを利用しても良いと思います。

それでは、ビジネスクラスとエコノミーの違いを見ていきましょう。

搭乗前のチェックインがスムーズ

ビジネスクラスには、ビジネス専用のチェックインカウンターがあります。

ビジネスクラスの座席数は限られているため、チェックイン時にエコノミークラスのような長蛇の列ができません。

エコノミークラスだとチェックインの待ち時間に備えて、約2時間前にチェックインを済ませるのが定石ですが、ビジネスクラスだと1時間前くらいでも大丈夫です。

今回の場合、待ち時間は1~2分でした。

あっと言う間にチェックインが終わります。

なお、航空会社のゴールドカードを持っているとエコノミークラスでの搭乗でも、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用可能になることもあります。

ビジネスクラス専用ラウンジが使える

それでも空港には早めに着いておきたい人や、乗り継ぎのある人はどうしても待ち時間がでますよね。

そんな隙間時間にとても便利なのがラウンジです。

成田空港から出発したのですが、今回使ったJALだとサクララウンジが使えます。

サクララウンジでは、以下のサービスを無料で利用できます。

・飲食(料理、お酒、ソフトドリンク、お菓子が用意されている)

・シャワー

・Wifi

・電源

・喫煙所

広いスペースで飲食が自由なので、待ち時間を過ごすにはラウンジは最適な場所です。

僕はビジネス専用ラウンジの存在を完全に忘れていたので、行きはクレジットカードの付帯サービスのしょぼいラウンジを使用してしまいました…。

なお、搭乗前にラウンジで食べすぎるのは、控えるのがおすすめです。(理由は後述)

搭乗時に優先的に乗れる

こちらはご存知の方が多いと思いますが、ビジネスクラスは機内に搭乗する際も優先的に搭乗できます

そのため、フライトまで機内でゆっくりと準備ができます。

エコノミーだと後ろの席から順に、分割されて搭乗しますよね。

とにかく、搭乗前から何かと優先的に扱われます。

機内の座席が広い

ここがエコノミークラスとの最もわかりやすい違いであり、効果も高いところです。

エコノミークラスだと、座席が狭く足を伸ばせるスペースも限られているので、長時間のフライトはかなりしんどいですよね。

ビジネスクラスには専用のシートが用意されており、ゆったりできます。

僕が今回乗ったJALのシートはこんな感じでした(実写)

コックピットみたいですね。一番の特徴は

席をフラットにすることができる

ところです。

僕は道中シートをフラットにはしなかったのですが、フラットにして寝ている乗客もいました。

長時間のフライトの際は横になって眠ると、かなり楽だと思います。

また、座席の傾き等はこの操作盤で調整できます(実写)

この操作盤では、大きく分けて以下の3つのモードで調整ができます。

・通常

・リクライニング

・フラット

また、傾きも「首、肩、腰、足」で、それぞれ細かく調整できます。

隣の乗客との間には、可動式のパーティションがあります。

隣が気になる場合は、この操作盤でパーティションを上げることができます。

こちらの写真はパーティションが上がった状態です。

専用のアメニティがある

ビジネスクラスには、専用のアメニティが席に用意されています。

今回用意されていたのは、

・枕

・毛布

・歯ブラシ

・アイマスク、耳栓

・マスク

・歯ブラシ~マスクまでを入れる袋

でした。

用意されているアメニティは、航空会社によって違いがあると思います。

ちなみに、トイレにも歯ブラシとモンダミンが用意されていました。

機内食がおいしい

機内食もエコノミークラスと全く違う機内食が提供されます。

食事が違うことを僕は機内に搭乗するまで知りませんでした。

先に、ラウンジであまり飲食するのは控えた方がいいと述べたのは、機内食の量が多くおいしいためです。

エコノミークラスの機内食って、ランチボックスみたいな感じですよね。

alt="エコノミークラス機内食"

しかし、ビジネスクラスの機内食は全く違います。ランチボックスではありません。

JALの場合は、和食と洋食の二択から選ぶようになっていました。僕は行きも帰りも和食を選択しました。

特に行きの夕食は割烹みたいな料理でとても美味しかったです。

お店で食べると数千円くらいしそうな料理でした(以下、いずれも夕食の実写)

メニューは、

・唐墨とそばの和え物

・厚焼き玉子

・丸十蜜煮

・あんず蜜煮

・夏野菜の胡麻クリーム

・うざく辛子酢味噌

・本鮪のお造り

・蛸 菊蕪 甘酢漬け

の後に、

・和牛しゃぶしゃぶ

・銀鱈西京焼き

・炊き立てごはん

・みそ汁

・香の物

・抹茶の浮島

・緑茶

かなりお腹いっぱいになりました。

ちなみに年収1000万の食生活は意外と質素?贅沢はできない?で紹介した金芽米はファーストクラスでも使われています。

機内のサービスが細やか

ビジネスクラスだと、機内のサービスもより丁寧になります。一言で言うと、

CAがよく面倒を見てくれる

という感じです。

まず座席についた後、CAの一番エラい人から、搭乗の御礼が一人一人にされます。また、

・食事時に寝ていたら「起こすor起こさない」などを確認するヒアリングシートがあったり

・おしぼりが、搭乗時、食後などに配られたり

・ドリンクも切れていたら声をかけられたり

・着陸前にはゆっくり眠れたかなどをCAから聞かれたり

します。

一人一人の乗客と丁寧にコミュニケーションをとる感じです。

同じ乗客でも、扱いがかなり違うんだな…と感じました。

まとめ

ビジネスクラスはエコノミークラスの2.5倍くらいの値段だが、その分サービスや座席も大きく違う。

マイルを活用すれば、割安に利用することも可能なので、ここぞという時に利用してみればいかが。

長い空の旅のお供には、電子書籍Kindleはぴったりなので、こちらも併せてどうぞ。

alt="Kindle"
Kindleのメリット・デメリットやおすすめのモデルを紹介する電子書籍?本はやっぱり紙でしょ! と思われている方も多いですよね。 僕も昔はそう思っていましたが、引っ越しの際にふと思ったの...