生活・健康

年収1000万プレーヤーが快適な毎日を送るためにやっていること5つ

毎日の生活、快適ですか?

この記事をご覧のあなたは、きっと快適でない部分があるのではないでしょうか。

日々の生活は習慣から始まります。

良い習慣をつけて、快適な毎日を送りたいですよね。

この記事では、管理人が快適な毎日を送るためにやっていることを5つ紹介します。

1.よく寝る

僕は寝ないとダメなタイプなので、毎日8時間は寝ています。

睡眠時間が足りていないと、体がだるかったり頭がぼんやりするので、睡眠時間は僕にとって快適な一日を過ごすための生命線です。

寝る10分前には天井の明かりを消して、小さなライトをつけるだけにして睡眠導入に適した環境にします。

また、夜は思考がネガティブになりがちなので、意識的に夜更かしをしないようにしています。

よく寝ることは、快適な一日を過ごすための第一歩と言えるでしょう。

2.運動する

僕は普段仕事で座りっぱなしなので、基本的に運動不足です。

運動不足が続くと筋肉が弱ってきて、腰痛になったりします。

そのため、ジムに週2で通っています。

基本は全身の筋トレ、夏はプールで泳いだりします。

筋トレはそこそこ追い込む派なので、トレーニング後は結構ふらふらになったりします。

ワークアウトの後はサウナに入ります。

また、事情により、ジムに通えないときは家で自重トレーニングをしています。

ジムに通わずとも、ランニングや階段を上るようにするだけでも効果が出てくると思います。

運動した日は深く眠れるので一石二鳥です。

3.部屋をきれいに保つ

せっかく家でくつろいでいても、部屋が汚かったり散らかったりしていると落ち着きません。

そのため、毎日掃除機をかけたり、たまに濡れ拭きをしています。

ホコリはすぐ溜まるので、こまめに掃除するのが一番です。

ちょっと面倒かもしれませんが、ホコリのない部屋でおうち時間を快適に過ごしましょう。

4.物を持たない

「物は買うのは簡単、手放すのが難しい」ものです。

買ったけど結局使っていないことって、結構ありますよね。

この「買ったけど使わない」をできるだけ減らすのが、生活を快適にするコツです。

そのため、僕はできるだけ物を買わないようにしています。

特に粗大ごみ扱いになる物に関する購入は、非常に慎重になるべきです。

粗大ごみは出すのに費用がかかりますし、ごみ出しの手続きも面倒です。

使わない物は場所もとりますし、あると気になるのでネットオークションで売るか、思い切って捨てるようにしています。

5.予定はスマホのスケジュールに入れる

これはやっている人が多いかもしれません。

先の日の予定は何かと忘れてしまいがちです。

ずっと予定を頭の片隅に置いておくと、ワーキングメモリを使ってしまい集中力が落ちてしまいます。

予定はスマホにアラームつきで入れておけば忘れませんし、覚えておく必要もありません。

スマホのスケジュール機能があれば、忘れていても通知してくれるので安心です。

ぜひ活用しましょう。