便利アイテム

ブラーバはルンバと比較してどう?使った感想や良い点も紹介する

alt="ブラーバ"

拭き掃除ってめんどうですよね。

よほどのことがないとやる気にならないのではないでしょうか?

拭き掃除は掃き掃除よりもパワーが要るので、なかなか腰が上がらないものです。

僕は部屋で焼肉をしてフローリングの床が油まみれになった時以外は、手で床拭きはしません。

とはいえ、油汚れはせずとも、床には皮脂などの汚れがつくので、放置しているとペトペトして気持ち悪いですよね。

そんなめんどうな床拭きを楽チンにしてくれるアイテムが、床拭き掃除ロボットブラーバ(Braava)です。

ブラーバはルンバの引き合いとしても、よく出されるシロモノでもあります。

僕はルンバと共に、かれこれ一年以上愛用しています。

この記事では、一年使ってわかったブラーバの魅力やルンバの違いなどについて、書いていきます。

公式HPはこちら

created by Rinker
¥40,700
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥32,868
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ブラーバはどんな人におすすめ?

さて、床拭きロボット ブラーバはどんな人に向いている商品なのでしょうか?

僕は以下の方に向いているかなと考えます。

・きれい好きな人

・部屋の床がフローリングの人

・ルンバのサイズが大きすぎると感じる人

・大きな掃除音がガマンできない人

・小さなお子様がいる人

・省力化のために数万円の投資ができる人

・床にものを置かない人

・部屋の広さが6畳以上の人

公式HPはこちら

created by Rinker
¥40,700
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥32,868
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ルンバとブラーバ、どっちがいい?

どちらかひとつだけ持つなら、個人的にはルンバの方がいいかなと思います。

ただし、ルンバとブラーバはコンセプトが全く異なる機械なので、両方持っていても損することはありません。

ルンバは掃除機で、ブラーバは床拭き機です。

ルンバはゴミを吸い取る機械で、ブラーバは床を磨く機械とイメージして頂ければと思います。

僕は両方持っていますが、ルンバは2日に一度、ブラーバは濡れ拭きで半月に一度くらいで使っています。

ルンバでは人の皮脂などのこびりついた汚れは取れないので、来客前・来客後はブラーバを必ず使っています。

ルンバとブラーバの違いはどんなところ?

稼働時の音がとても静かです。

ルンバは掃除機並みの音がしますが、ブラーバはとても静かなので使っても赤ちゃんが起きないので安心です。

ルンバは足にあたってもガツガツ攻めてきますが、ブラーバはプイっと方向を変えて静かに方向を変えます。

大きさも20cmくらいで、掃除している姿もかわいいです。

ルンバを暴れん坊とすると、ブラーバは優等生という感じです。

また、本体をこのように縦置きできるので、ルンバのように場所をとりません。

ブラーバの欠点を挙げるとすれば、自動で充電器に戻る機能がないので、掃除が終わったら自分で充電器に置かないといけないところです(大した手間ではないですが…)

公式HPはこちら

created by Rinker
¥40,700
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥32,868
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ブラーバはどうやって使うの?

こちらの実写の通り、ブラーバのクリーニングパッドのオモテ(写真左がオモテ、右がウラ)に布やペーパーを巻き付けて、ウラの青い部分にはめ込みます。

はめ込んだら、スイッチオンするだけです。とても簡単です。

alt="ブラーバ"alt="ブラーバ"

ブラーバには、から拭きモードと濡れ拭きモードの両方があります。

僕はいずれのモードでも、クイックルーワイパーのペーパーを使っています。

ホコリはルンバで掃除できるので、ブラーバは濡れ拭き専用で使っています。

ブラーバとブラーバジェットはどっちがいいの?

ブラーバには、通常のブラーバと後発のブラーバジェットという商品があります。

alt="ブラーバジェット"

両方とも同じ拭きロボットですが、値段、ランニングコスト、掃除能力、大きさが違います。

ブラーバ、ブラーバジェットのサイズは以下の通りです。

なお、ブラーバは371j、380j、最新の390jの機種を指します。

ブラーバ:幅244mm×奥行216mm×高さ79mm

ブラーバジェット:幅178mm×奥行170mm×高さ84mm

ブラーバジェットとは

ブラーバジェットの方が、ブラーバよりも本体価格が10,000円程度安く、清掃能力も高いです。また、サイズも一回り程度小さいです。

ブラーバジェットは、ジェットスプレーで汚れを浮かせてから、洗浄剤が含まれた専用クロスで拭き掃除をします。そのため、清掃能力が通常のブラーバよりも高いということです。

ただし、ブラーバジェットはランニングコストが高いです。専用クロスが1枚100円くらいします。

専用クロスが高いことから、長期的なコスパを考えると、ブラーバの方がコスパがよいと考えます。

また、ブラーバの方が一回で広範囲を掃除できます。(5畳分くらいの違い)

ただし、機械の大きさの好みなどもあると思うので、最終的には自分の部屋に合っている方を選ぶと良いと思います。

公式HPはこちら

created by Rinker
¥40,700
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥32,868
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ブラーバをいきなり買うのはハードルが高いんだけど…

ブラーバもブラーバジェットも決して安くないので、

興味はあるけどいきなり買うのはちょっと不安…

という方もいらっしゃいますよね。

実はブラーバは、ふるさと納税の返礼品としてゲットすることもできます。

また、ブラーバは以下の公式HPでレンタルもできるので、「買う前に一度試してみたい!」という方は、こちらの公式HPよりレンタルしてみるのもアリです。

公式HPはこちら

また、家電のレンタルサービスでブラーバをレンタルすることも可能です。

こちらのモノカリという家電レンタルサービスでも、ブラーバがレンタルできます。

もはや一切の掃除をやりたくない方は、家事代行サービスを利用するという選択もあります。

家事代行サービスCaSyは、お試しプランが2時間4,600円~なので、ブラーバをかけられないほど部屋が散らかっているような方は、こちらの方が手っ取り早いですね。

【CaSy】

まとめ

ブラーバはルンバとは全く異なる床拭き掃除ロボット。

音も静かで掃除している姿もかわいい。拭き掃除が面倒な人は試してみてはいかが。

公式HPはこちら

created by Rinker
¥40,700
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥32,868
(2020/02/17 20:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)