管理人について

30半ば過ぎ独身の男が感じる独身のメリットとデメリットについて

30半ば過ぎて独身ってどうなのよ?

と思う方はそれなりにいらっしゃるのではないでしょうか?

30半ばといえば、すでにアラサーも過ぎています。

1年経つごとに結婚は遠ざかっていくのが現実です。

 

さて、自己紹介でも書きましたが、僕は30半ばで独身です。

管理人 年収1000マンについてはじめまして。 管理人の年収1000マンと申します。 アイコンも名前も怪しいですね。 このページでは僕の冴えない半生を...

同級生や歳の近い同僚のほとんどは結婚しています。

もはや年齢的に、いわゆる「いい歳」も過ぎました。

そんな環境の中で、マイノリティとして普段いろいろと感じることがあるので、この記事を書いてみることにしました。

結論を先に言うと、結婚したい人がいるならとっとと結婚しちゃうのがおすすめです。

婚期が遅れるほど、結婚するのに苦労しますし、性格も歪んできます←

それではいってみましょう。

なぜ独身のままでいるのか

別に好きで独身をやっているわけではなく、結婚したい人と結婚できるなら結婚して子供も欲しいです。

それができていなくて、結果として独身でいるだけです。

結婚して幸せそうな人を見ると、普通に羨ましいと思います。

僕は他人の子供をかわいいと思ったことはありませんが、子持ちの方がスマホの待ち受けに子供の画像を入れているところなどをみると、自分の子供はかわいいんだろうなあと思います。

みなまで言いませんが、まともな会社で働いていてこの歳で独身だと、色んな場面で何かと勘ぐるような質問を受けることがあります。

結婚した方がいいぞ、とよく言われますが、好きで独身やっているわけではないので「結婚したいんですけどね~」とだけ言っています。

やはり、「世間ではある程度の年齢で結婚している」常識は根強くあります。

好きで独身でいる人は少数派

僕の友人や歳の近い同僚の9割以上は既婚者です。

あえて独身でいることを選択している人は、僕の周りでは超少数派です。

知る限り2人しかいません。

あえて結婚しない人は少数派だと思います。

他の未婚者は結婚はしたいけど、僕と同様に結婚したい人と結婚できていないから独身なだけです。

いい歳すぎて独身は正直しんどい

いい歳過ぎて独身だとしんどいことは結構あります。

まず、学生時代の同級生の集まりなどに行くと、子持ちの既婚者ばかりで話が合いません。

肩身が狭いので、自然と足が遠ざかります。

歳の近い同僚も次々と結婚していくので、プライベートでつるむ機会も自然と減ってきます。

昔は同僚と夏休みに一緒に旅行に行ったりしていましたが、ここ数年でそれも無くなりました。

それぞれ自分の家庭のことで忙しくなるので、20代に比べて遊び相手も激減してヒマになります。

この前、ツアーで旅行に行きましたが、僕以外は家族連れかカップルしかいなかったので結構辛かったです。。

一人でいる時に孤独を感じることはほとんどないですが、ファミリーを見るとやはり孤独を感じることが多いです。

ナンパとかして楽しめばいい、という考え方もあるかもしれませんが、この歳になってそんなことをしたいとは個人的には思いません。

人間、ふるまいや行動は年相応にすべきだと僕は思っています。

前におっさん弁護士が女子大生を集めて寿司パーティーをしている様子をツイッターにアップして炎上していましたが、いい歳こいて何やってんの…と感じてしまいました。

あの写真をアップしたのが、若者なら炎上することもなかったと思います。

人間としての幅が広がらない

独身でいると、基本的に自分のことしかやらないので、人間としての幅を広げにくいです。

勉強したり、読書したら新しいガジェットを使ってみたりなど一人でできることはありますが、あくまでそれはスキルの幅です。

子育てをしていると、子供から教わることも多いと聞きます。

そういった身近な人から受ける成長のきっかけというものがないので、包容力や寛容性などの幅が広がらないなとよく思います。

今は良くても将来が不安

今は健康面も金銭面も問題はありませんが、歳をとった時に一人というのはやはり不安です。

歳をとれば当然体にもガタが出てくるので、具合が悪くなった時に一人ぼっちというのはかなり心細いと思います。

あと仕事を辞めたら、ヒマすぎてどうしようもなさそうな気もします。

考えただけでもゾッとします。

独身でいることのメリット

ここまでひたすら、独身ネガティブトークをしてきましたが、周りの既婚者の話を聞いていて、独身のメリットを感じることはあります。

メリット1.お金を自由に使えて、お金も貯まる

旦那さんはお小遣い制の家庭が周りにも結構います。

個人的には、自分が稼いだお金を他人に管理されるというのはしっくりこないです。

結婚しても自分の稼いだお金に対する裁量は、自分が持ちたいです。

自分以外にお金を使う人がいないので、お金が貯まるのはメリットではあります。

メリット2.家を買わなくていい

独身時に「家は絶対買わない」と言っていた同僚や友人も、奥さんに篭絡(ろうらく)され、結局家を買っているケースを見かけます。

理由を聞くと「家は女の夢なんだよ」と、もはや理屈の世界ではなさそうです。

僕は転勤の可能性があるので、持ち家を買っても住み続けられるかわからないので当分家は買わないつもりです。

最近結婚した同僚も、社宅があるのに奥さんの希望で家賃の高い賃貸物件に住むことになり、文句を言ってました。

家に対する価値観は人によって大きく異なりそうなので、歩み寄りが大事そうですね。

メリット3.どこにでも住める

独身の場合、勤務地の近くや住みたい場所に自由に住めるのはメリットだと思います。

子供のいる家庭だと、どうしても通学や奥さんの通勤の都合もあるので、住む場所が制限されがちになります。

どこにでも住めることは、独身の明確なメリットなのかなと思います。

最近は徒歩通勤か近距離通勤していないので、通勤1時間以上などはちょっと辛いですね。

徒歩通勤にしたら超ラクチン!やってわかった10個のメリットとは毎日の通勤にうんざりしていませんか? 通勤って、朝は早いわ電車は混んでるわで何かと辛いですよね。 そんな辛さを解決するのは、...

また、こちらの記事に書いたように、自由に部屋をアレンジできるのは楽しいです。

一人暮らし部屋を絶対におしゃれなレイアウトにできる9つの方法大学生や社会人になって一人暮らしを始めた方も多いのではないでしょうか? 一人暮らしを始める時は「おしゃれな部屋にするぞ!」と意気込...

メリット4.マイペースに生活ができる

これは慣れすぎるとヤバいと自覚しているのですが、一人暮らしだととにかくマイペースに毎日を過ごせます。

せっかく結婚しても、夫婦不仲だとストレスがすごいだろうな…と思います。

家に帰りたくない、という人がたまにいますがギョッとします。

また、子連れのお母さんを通勤中などによく見かけますが、ダダをこねて大声で泣いたりしているのを見ると、「大変だな…」とこちらは労いの目で見てしまうこともあります。

ただ、自分の時間を自由に使えるのはいいですが、自分だけに時間を使うのはもうお腹いっぱいな感じです。

生涯独身はイヤ!という人は

生涯独身はイヤだけど、なかなか出会いがないという人もいますよね。

その場合でも、友達から異性を紹介してもらったり、合コンで出会うなどの手段があります。

しかし、紹介や合コンもいいですが、「一度に出会える人数が限られていて運次第」なところがあります。

そこで僕がおすすめするのが、プロフィールなどから気の合いそうな異性を手軽に探せる、マッチングアプリです。

僕の経験上、マッチングアプリは複数登録が鉄則です。

好みの異性と出会うチャンスを増やすには複数登録した方が圧倒的に効率的です。

僕は以下の2つを使っていました。

マッチングアプリ会員数NO.1 ペアーズ

言わずと知れたNO.1マッチングアプリのペアーズです。

20代前半~20代後半の方が活発に使っています。クセがなく、オールマイティなアプリなので、はじめに登録するマッチングアプリとして最適です。

メンタリストDaiGo監修 with

こちらも人気のマッチングアプリです。

年齢層はペアーズと同じく、20代前半~20代後半の人が多いです。

withの面白いところは、DaiGoの質問に答えていくと自分に合いそうな異性をピックアップしてくれるところです。

確かに好みに近い異性がピックアップされましたね。どんな異性がピックアップされるか、眺めるだけでも面白いですよ。

with(ウィズ)

まとめ

いい歳して結婚していないと、周りとの会話が合わなくなったり、遊ぶ相手も減り、なにかと肩身の狭い思いをする。

婚期が遅れるほど結婚するのに苦労するので、結婚したい相手がいるなら、早めに結婚するのがおすすめ。

出会いがない方は、マッチングアプリなどを利用して相手を探す努力をしよう。

マッチングアプリ会員数NO.1 ペアーズ

メンタリストDaiGo監修 with

with(ウィズ)