年収1000万

年収1000万あるある

年収1000万以上の人に特有のあるあるって、ちょっと気になりませんか?

ブログのタイトルの割に年収1000万ネタが少ないので、今回は年収1000万あるあるについて書きたいと思います。

そんな感じなのね、と軽くお読みいただければ幸いです。

ではどうぞ。

1.給料日を気にしない

基本的にお金に困ることがないので、給料日を気にしません

携帯で銀行のアプリを開いて金額を一応確認するくらいです。

振り込まれたことを確認するだけです。

そしてその給料の多くは、2日後にカードの支払いと家賃で吹っ飛ぶという悲しみ。(僕の場合ですが)

僕の収支はこちらの記事にまとめてあります。

独身で年収1000万のリアルな手取りベースの収支を公開します!謎に包まれた年収1000万の懐事情。 果たして、年収1000万だと収支にはどのくらいの余裕があるのか? この点につい...

同期は僕より「家賃が激安+お金使わない」ので、じゃぶじゃぶに貯金できているみたいです。

2.賞与日も気にしない

これも給料と同じです。

賞与の支給日に口座残高がいくらになったか、を確認するくらいです。

ただし、なぜか支給日が何日なのかは気になります。

年収1000万あれば、毎月の支出は給与でまかなえるので、大きな出費がなければ、賞与がそのまま貯蓄になる人は多いと思います。

3.現金を持ち歩かない

僕の場合になりますが、電子マネーとクレジットカードを使うので、現金は1~2万円しか持ち歩きません。

普段は電子マネーを使って、大きな買い物はクレジットカードを使います。

現金は飲み会などの費用を払う用か、外食用として持ち歩くだけです。

なので1~2万で十分ということです。

また、銀行からいちいち預金を下ろすのが面倒なので、ちょっぴりタンス預金があります。

クレジットカードを持っていない方は、備えとして1枚は持っておくとよいですよ。

こういう金欠時にも役に立ちます。

金欠を乗り切るための4つの対策を教えよう生きていると、一度というか何回かは金欠に直面しますよね。 人によっては、かなりの頻度で金欠に直面するかもしれません。 「自分...

4.お金が余っているわけでもない

別記事にも書いた通り、年収1000万では毎月の給与は生活費で結構飛んでいくので、そのまま貯蓄に回るのは賞与+αくらいです。

僕の場合は、携帯は格安SIMを使って、必死こいて節約していたりします。

格安SIMのメリットとデメリット、切り替え時の注意点を知ろう毎月の携帯代、もうちょっと抑えられないかなあと思っていませんか? docomo、ソフトバンク、auを使っていると、格安SIMが気に...

また、自炊して毎日の食費も節約しています。

年収1000万の食生活は意外と質素?こだわりはある?今回は年収1000万もあれば、そこそこ旨いもの食べているのか?という疑問にお答えする回です。 結論を先に申し上げますと、 「...
男性が自炊をする5つのメリットと4つのデメリットを知ろう男性諸君、自炊はしてますか? もし自炊していないなら、自炊をすることおすすめします。 大きなメリットを先に2つあげると、 ...

意外にこんな渋い努力をしていたりするので、高い寿司とか焼肉なんかそうそう奢れません。

5.給料が増えてもふーんって感じ、でも賞与額は気になる

毎月の支出は給料の範囲でやりくりできるので、生活に困ることはありません。

なので、給料が増えても「ふーん」って感じです。

ただし、賞与額はかなり気にします

これは年収1000万くらいになると、業績評価で賞与額が大きく変わってくるためです。

節約はするけど、給料に関心があまりない。

でも賞与額は気になるという、一見謎な思考回路をしています。

6.時短アイテム大好き

年収1000万を超えている人は、自分の時間の価値を知っている人が多いです。

多かれ少なかれ、効率主義者が多く、人一倍「手抜きで最短距離を目指す」傾向があります。

また時間の価値を知っているがゆえに、自由な時間を創出するための時短アイテムへの投資は惜しみません。

alt="ルンバ"
ライフハックアイテム ルンバの便利さとおすすめ機種を紹介する掃除機をかけるのって結構重労働じゃないですか? 部屋の隅から隅までかけるのは結構大変なので、どうしてもさぼりがちになります...
alt="ブラーバ"
ブラーバはルンバと比較してどう?使った感想や良い点も紹介する拭き掃除ってめんどうですよね。 掃き掃除よりもパワーが要るので、なかなか腰が上がらないものです。 僕は部屋で焼肉をし...

また、これらのような「持っているとなんとなくできるやつ感が出るアイテム」を持ちたがったりします。

alt="アップルウォッチ"
一年使ってわかったアップルウォッチの便利機能とデメリットを紹介する腕時計は着けていますか? アナログ時計派、デジタル時計派もいれば、腕時計を着けない派の人もいますよね。 スマホがあれ...
alt="Kindle"
Kindleのメリット・デメリットやおすすめのモデルを紹介するこれまでいくつかのライフハックアイテムを紹介してきましたが、今回紹介する電子書籍Kindleは省スペース界の王者です。 昔は本棚が...
alt="ダイソン空気清浄機"
ダイソンの空気清浄機 ピュアホットアンドクールの性能や感想を紹介昨今のお家には、空気清浄機って一家に一台ある感じですかね? 僕は一台目に加湿機能付き空気清浄機を買いました。 最初は快調だっ...
=alt"トラックボール"
ロジクールのトラックボールの6つのメリットと4つデメリットマウスのポインタが思うように動かなくてイライラしたことはありませんか? 僕はデスクワーカーで一日中マウスをカチャカチャする人なので...

7.筋トレをしている

年収1000万を超えている人は、スポーツ、筋トレ、ランニングを習慣としてやっている人が多いです。

仕事のパフォーマンス向上や忙しさに耐えうるための体力づくりは、忙しいビジネスマンには必須です。

僕もスポーツジムで、筋トレ、ランニング、水泳をして、体力が落ちないようにしています。

筋トレをすることによる効果などは、こちらの記事にまとめています。

なぜエリートは筋トレをする習慣があるのか?筋トレの効果とはみなさんは筋トレ、やっていますか? アメリカの大統領がSPに囲まれながらランニングをしている姿をニュースでみたことがありませんか。...

8.年収1500万にあこがれる

とはいえ、年収1000万では大した生活はできません。

年収1500万レベルになると、支出を気にしないでも十分に貯蓄できるのかなあ…、1500万あればいいなあ…と夢想します。

1500万あればできないことくらいはできるんですかね…。

年収1000万ではできないことは、こちらの記事にまとめています。

年収1000万の満足度は高い?できること・できないことも紹介しよう今回は「年収1000万で満足度は高いのか?」という点について書いていきたいと思います。 先日、知り合いの若者に「年収はいくら欲しい...

まとめ

どこまでいっても年収1000万は庶民のレベル

そのため、年収1500万や2000万に憧れを抱く。

お金に困っていないけど、更に上の年収に憧れるそれが年収1000万の層である。